秋霜の撃 勘定吟味役異聞㈢ 江戸の沈鬱

将軍家宣が薨去。後ろ盾を失った新井白石は、家宣の嫡子鍋松を盾に権を握った間部越前守を追い落とさんと動き出す。そこで勘定吟味役水城聡四郎に、将軍の葬儀が増上寺に決まった「裏」を暴けと命が下る。三代将軍家光以来の寛永寺から一転、菩提寺に決まった裏事情とは―。そして聡四郎の前に、新たな刺客が。聡四郎シリーズの「原点」決定版、待望の第三弾。(「BOOK」データベースより)

六代将軍家宣がこの世を去り、増上寺で葬儀が執り行われた。四代、五代続いた寛永寺から変わることに白石は疑問を持つ...。増上寺と言えば有名な、 

 

f:id:ooedofukagawa:20210805080043j:plain

三解脱門です。三解脱門とは三つの煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門のことです。 

f:id:ooedofukagawa:20210805080316j:plain

10年程前に三解脱門楼上の一般公開に行きました。釈迦三尊像などが安置されており、幻想的な雰囲気でした。