秋霜の撃 勘定吟味役異聞㈢ 継承の裏

将軍家宣が薨去。後ろ盾を失った新井白石は、家宣の嫡子鍋松を盾に権を握った間部越前守を追い落とさんと動き出す。そこで勘定吟味役水城聡四郎に、将軍の葬儀が増上寺に決まった「裏」を暴けと命が下る。三代将軍家光以来の寛永寺から一転、菩提寺に決まった裏事情とは―。そして聡四郎の前に、新たな刺客が。聡四郎シリーズの「原点」決定版、待望の第三弾。(「BOOK」データベースより)

間部詮房を追いつめるためにやっとのことで手に入れた書付、聡四郎は新井白石の意に反し...。間部詮房についてこちらを読みました。

「江戸幕閣人物100話」です。間部詮房新井白石と「正徳の治」を支えていきましたが、家宣が没し、家継が将軍になると事態は一変します。

譜代大名で構成された老中が、成り上り者の間部詮房に反感を持ち職務をサボタージュすることもありました。

また、家継を介して月光院との艶めいた噂も流れ、吉宗が将軍に就任すると白石と同様に罷免されることとなります。