大富豪同心 天狗小僧 吉原遊興

盗賊・霞ノ小源太一党が江戸の町を震撼させていた。そんな折、油問屋・白滝屋の一人息子が高尾山の天狗にさらわれるという事件が起きた。見習い同心の八巻卯之吉は、南町奉行所筆頭同心の村田銕三郎から探索を命じられる。江戸一の札差の息子、卯之吉が八面六臂の活躍をする、大好評シリーズ第二弾。(「BOOK」データベースより)

奉行所は霞ノ小源太一党で大忙しだが、見習い同心の八巻卯之吉は吉原に繰り出す。だがそこで思いもよらぬ人物に...。吉原についてこちらを読みました。

「江戸の色町 遊女と吉原の歴史」です。面白かったのは「髪切り」です。吉原では、馴染の遊女ができると他の遊女に通ってはいけないと云うルールがあります。

浮気が見つかると、馴染みの遊女の前で詫びを言わされ、詫び金をむしり取られ、髪を切られます。こちらの本にはその状況の浮世絵が載っています。

髪を切られ、女性の着物を着せられ、情けなく手をついて詫びを入れています。またその場には新造、仲間の遊女、茶屋の遣手や亭主そして若い衆まで取り囲み、笑いものにしています。まさに地獄のようです。